ABOUT US 店舗情報

2019-07-03
カテゴリトップ > その他
MORIWAKI ENGINEERING モリワキエンジニアリング フルエキゾーストマフラー ZERO [ゼロ] SS タイプ:ANO(アノダイズド)】サイレンサー径:Φ100 CB400スーパーフォアタイプ:WT(ホワイトチタン)】サイレンサー径:Φ115はこちら
タイプ:WT(ホワイトチタン)】サイレンサー径:Φ100はこちら

※リンク先に商品がない場合、すでに完売している商品となります。予めご了承ください。

■商品番号
01810-L31H6-00

■JANコード
4527350134958

■商品概要
【素材】材質】
・パイプ:チタン
・サイレンサー:チタン
【重量】4.8kg (STD 9.1kg)
【音量】近接排気騒音:90dB
【仕様】
・政府認証制マフラー (車検対応)
・出力向上率 107% (STD対比)
【メンテナンスデータ】
・オイルドレンボルト脱着:○
・オイルフィルター交換:○
・センタースタンド使用可否:-


タイプ:ANO(アノダイズド)】サイレンサー径:Φ100

■適合車種
▼HONDA
CB400スーパーフォア 08- H-V REVO

■詳細説明
【モリワキとCB400SFの歴史】
発売開始から20年が過ぎたCB400SF。常に中型排気量クラスにおいて絶大な人気を誇るこの車両と共に、モリワキも長年にわたり製品開発を行ってきた。
1994年からモリワキはNK4クラスにおいてレース活動を開始。CB400SFをベース車両として「MR496】497」というオリジナルレーシングコンプリートマシンを製作し、車体性能の向上を目的としたスイングアームの補強からサスペンションの変更、またエンジン出力に関しては吸気から排気システムまで細部に渡りオリジナル製品の開発を行った。そして、どのライダーも求めるであろう「絶対的なスピードと扱いやすい出力性能」をレーシングエキゾーストシステムを介する事で可能とし、1995年、1996年と多くの参加台数がひしめく中、鈴鹿NK4クラス4時間耐久レースで2連覇を達成。非公式ながらも当時の鈴鹿レコードタイムの2分21秒86をマークした。マシンの限界に挑むレース活動を行う事によって、部分的ではなくCB400SFという車輌全体のポテンシャルを引き出すノウハウを得る事になったのである。
【進化を止まない技術】
今も尚、進化を続け、2008年に現行モデルへとモデルチェンジを行ったCB400SF。NK4時代から数えると実に約20年、モリワキはCB400SFの製品開発を行ってきており、当時から培われた技術は現在の製品にもフィードバックされている。
【デザイン】
MR496】497車輌の伝統を引き継ぐ形として、現行のCB400SFへZEROシリーズを採用。シャープな車格に合わせサイレンサーの外径を100Φと、可能な限りにコンパクトにまとめる事によりマフラー単体ではなく「統一されたシンプルな美しさ」を表現。また、115Φのサイレンサーも展開する事で洗練された美観の中にも大胆なテイストを加えました。パイプからサイレンサーまで最軽量素材であるチタン材を使用する事で、長期使用であっても変わる事の無い高級感のある美しさを持続させます。モリワキ伝統のワンピースもラインナップする事で、現代の車輌にクラシックモダンの要素も取り入れながら、無駄なものが無い軽量感あふれる仕様となりました。また価格に関しても幅広い要望に応えられる様、スリップオンも準備しながらも音質はその他のマフラーと対比しても、引けを取らない仕様へと仕上がりました。
【サウンド】
V-TECHハイスペックエンジンの音色を表現する為、端的な音質ではなく「何層にも重ねあう音の集合体」を基本コンセプトとして開発。大径のサイレンサーエンドキャップは音色の演出に一役買っており、大きな波長であるこの重低音は聴覚的に体感するだけではなく、心地良い振動として乗車時にシートを介してライダーへと伝わります。また、現行CB400SFの最も大きな一つの特徴とも言える、回転数約6.300 rpm からのV-TECH作動時には異なった音色を奏で、新しい一面を見せます。
【パフォーマンス】
従来、マフラー構造上において4in1(パイプが4本から1本へ集合)の場合、サーキットユーズには適した高速域は向上するがその反面、低中速域は犠牲になりやすい傾向があります。実際、街中で使用する回転域、速度域は限られており、モリワキは場面に応じて必要な範囲で出力向上を実現する「実用性のあるマフラー」の開発を大前提としている為、フロントパイプの全長を意図的に長く設定し、パイプジョイント内部にも技術的な施しを行った。結果、4in1マフラー構造上の本来持ち合わせている利点である高速域向上を保ったまま、低中速域においても実に滑らかなパワー曲線を描く事に成功。全域での出力向上により街中から高速走行まで、幅広い走行条件に対応できる仕様となりました。 歴史の中で幾度となく繰り返した限界への挑戦によって得た技術と経験は、エキゾーストシステムを通じて現在も「歴史と、止まない技術探求」という形でCB4000SFに注ぎ込まれています。

■注意点
※マフラーサウンドを試聴する際は、ヘッドホンのご使用をお勧めします。また、録音や試聴の環境に伴い聞こえ方は異なりますので、あくまでも目安としてお考えください。
※チャート画像はモリワキ製品のフルエキゾースト、スリップオン、ワンピースの特徴をそれぞれ比較しました。

【送料無料】マフラー CB400スーパーフォア MORIWAKI ENGINEERING モリワキエンジニアリング 01810-L31H6-00
価格
137,030円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
メーカー在庫確認後、発送日は別途ご連絡
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く